楽天モバイルの速度や料金・解約について、まとめました。

標準

楽天の格安SIMの月額費用と解約

楽天モバイルが現在ラインナップしている料金プラン等について紹介します。今お使いのキャリアの月額料金と比べれば、どのくらい安くなるのか判断材料の一つにして下さい。 楽天モバイルに申し込むと、どのようなプランが用意されていて、契約完了までにどのくらい費用が必要なのか具体的に説明します。

楽天モバイルの月額費用

楽天モバイルの月額プランは、データ通信だけのSIMと、音声通話ができるSIMとでは、料金に違いがあります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、通常通りの携帯電話として使う際には、データ専用SIMを選択しないようにご注意ください。音声通話SIMの料金プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

ベーシックプランは、通信速度の低速回線が使い放題になり、それ以外のプランでは225Mbpsのスピードが出るNTTドコモのLTE高速回線が利用できるプランになっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

楽天モバイルの契約縛りについて

解約制限と違約金、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMのご利用の際には、利用期間は特に定められておりません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。一方、音声通話SIMについては、12ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。12ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金として9800円をいただきますのでご了承ください。このような決められた期間が過ぎて次の12ヶ月が自動更新されるキャリアと比べると、契約から13ヶ月以上すぎれば縛り自体が完全になくなってしまい、手数料フリーでいつでも解約可能ですから、また一歩進化したという感じですね。

楽天モバイルの回線速度

楽天モバイルの通信回線は、NTT docomoのLTE回線(225Mbps)を使用しています。通信速度に関しては、普通に使うには、十分な速度と言えます。docomoと同じ回線が格安で利用できるとは、楽天モバイルにも魅力を感じるのではないでしょうか。MVNO・格安スマートフォンのようなサービスは今後さらに広がっていきそうです。

楽天モバイルの3日制限に関して

どのMVNOでも変わりませんが、すべての利用者が平等に通信できる環境を提供するために、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。72時間で利用したデータ通信容量をもとに、規定容量を超過したユーザーに対して、200Kbpsという低速通信が実施される事です。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量が決められた容量を下回れば、自動的に速度制限の処置は解除されます。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。契約プランごとの規定容量 3.1GBプラン:540MB 5GBプラン:1GB 10GBプラン:1.7GB

楽天モバイルのユニークポイント

楽天モバイルはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できますこの格安SIMや格安スマホというのは、他社から乗り換えるとつき具期の支払いがとても安くなるというものです。その中でも月額1,250円で利用出来るサービスが話題を集めています。回線はドコモで使用しているものを使っているため、ドコモと同じように対応エリアも広く、通話品質も同等です。楽天モバイルの契約期間中はずっと、楽天市場で買い物した額のポイントが2倍になるというキャンペーンも見逃せないです。さて、いきましょう!楽天モバイルのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、楽天モバイルのすべてがご理解頂けるかと思います。

docomo回線を使った格安スマホサービス!

楽天モバイルのデータ回線は、ドコモの回線をレンタルして使っています。NTTドコモの回線を利用しているという事は、通話品質もNTTドコモと同じという事で、通話可能エリアも広いので、安心して通話を楽しむことができます。しかもドコモのスマホならだいたいの機種でそのまま楽天モバイルが使えてしまうんです。また機種を変更したい場合は、新たにSIMフリースマホをセットで購入することも可能です。ドコモのスマホを持っているのであれば、SIMカード単体契約のみで今までどおり使えるので、端末代もいらないので、とってもお安く乗り換えができます。ドコモの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

セット端末が多すぎて迷う

手持ちのスマホが楽天モバイルで使えない場合、新たにスマートフォンを購入する必要があります。楽天モバイルで取り扱っているスマートフォンは、他のMVNOに比べてとても豊富な機種を取り揃えてくれているのでとてもありがたいです。また、スマホだけでなくタブレットも豊富に取り揃えているため、お気に入りの端末を見つけることができるでしょう。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、スマートフォンやタブレットの支払いは,楽天カードでないと分割支払いできない,という点です。楽天カードを未所有の場合、購入代金は一括で支払うしか方法がありません。しかし、楽天モバイルの種類の多さはMVNOの中で一番なのは大きなメリットです。

データ通信料の繰り越し

プランごとにデータの通信料は異なりますが、月によっては、使ったデータ通信量が少なかったりして、余ってしまう月もあるのでは無いでしょうか。楽天モバイルならば、残っているデータ通信量の分を翌月に繰越しできるありがたいサービスがあります。使いきれなかったデータ通信量を繰り越すことが出来ないMVNOもありますので、繰り越しをさせてくれる楽天モバイルのこのサービスは魅力的です。繰越しサービスがあれば、データ通信料も無駄なく使えてお得感がありますね。

通話代が半額なのに、番号通知できる楽天電話

楽天モバイルでのサービス「楽天でんわ」は通話料が通常と比べて半額になるサービスです。IP電話と異なるプレフィックス型通話サービスで、電話をかけた側の番号がしっかり相手先に伝わります。当然といえば当然ですが、通知される番号は普段お使いのものです。要するに、電話の受け手からすれば今まで通りの電話番号が表示されるのです。IP電話サービスですと、非通知発信が多いですし、相手方に050番がよく通知されますので、電話を受け取った側からすると、掛けてきた相手が分かりづらくて何かと困るものですが、「楽天でんわ」はその点で安心です。楽天でんわを使ったときの通話料も、通話した分だけの楽天ポイントが貯まるので、Wでお得になります!

5分カケホーダイ

大手携帯電話会社のdocomo・au・SoftBankは、以前にはなかったどれだけ通話しても一定額の通話し放題プランを提供していますが、多くのMVNOにはそのようなカケホーダイプランがないのが実情です。基本料金の安いスマホには興味あるけど、結構通話をする頻度が多いから心配という人にも安心です。月々850円で利用できる、国内通話の最初の5分間が何度でも無料になるというオプションが楽天モバイルに登場しました。この新しいサービスである「5分かけ放題オプション」は、普通の電話回線を使うようになっていますので、楽天でんわと一緒で、番号通知サービスもできるので、今までの電話と変わりなく使えて、通話し放題になるという大きな魅力があります。他にもNifMoで話し放題のプランがありますが、これだと発信者番号の通知ができないケースも多々あるようです。楽天でんわを普通に使うと、だいたい1分で21.6円となるので、毎月45分ほど電話をかける,という方には最適な通話オプションサービスだと思います。

初月は無料

楽天モバイルで格安スマホや格安SIMを契約すると、最初の月の月額料金は0円になります。SIMカードが届くでしょ。その日が入ってる月の料金がただになるんです。つまり、届いて使い始めた日によっては、丸々1ヶ月分得をしてしまう。ってことになります。ただし、ご利用中の携帯電話会社の解約手数料や違約金との関係もあるので、全ての人が、月初めまでSIMカードの契約を待つのが得策であるとは言いかねます。乗り換えのタイミングは慎重に!

【開催中のキャンペーンをチェック!】

UQmobileの速度や料金・解約について、まとめました。

標準

UQモバイル月額プランと解約

UQモバイルの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?通信代がどれくらい安くなるのか、ぜひ読んでみてください。どれだけ安いのか、料金プランを見ていきましょう。

UQモバイルの料金プランと初期費用

UQモバイルの月額費用は、データSIMと音声通話SIMでそれぞれの料金設定が異なります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 音声通話SIMを選ばなければいけません。音声SIMの料金プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円となっています。

UQモバイルの2年縛りは?

UQモバイルの解約違約金に関して、解説していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。しかし、通話SIMの場合は、12ヶ月間が最低利用期間となっています。仮に、1年以内に契約を解除するのであれば、契約を違反してしまいますと9500円の費用が発生しますのでご注意お願いします。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

UQモバイルの特色

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中でUQモバイルがあります。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。毎月1,680円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。AU回線を利用しているUQモバイルは、通話可能エリアや品質がAUと同じだという安心感もあります。また、UQモバイルの格安スマホは、テザリングが無料というのも魅力の一つですね。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、UQモバイルのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

AU回線網のお得なスマホ!

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが運営しているUQモバイルは、AUの回線を借りてサービスを提供しています。そのため、AUとう同様の高品質な通話品質となっています。大手キャリアに見劣りすることなく、広範囲で安心して使えます。AUのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。AUのスマホを利用中の方であれば、UQモバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。AUの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

VoLTE(ボルテ)プランあり

UQモバイルではVoLTE対応プランが導入されていることで有名です。VoLTEというのは、最新の通話方法の名称です。通話方式の名称としては新しいものです。従来の方式で拾うことができた周波数は300Hz~3.4kHzまででした。このVoLTEは、50Hz~7kHzの音質を届けることが出来るようになっています。従来と比較して、高音質で通話出来るようになったという事です。これはUQモバイルの大きな魅力の一つでもあります。

データ量くりこしも可能

UQモバイルのいいところは、データ通信量が翌月にも繰り越せるようになっているため、データ通信量が月によって大きく増減があり一定しない方でも 、安心して使用できるというのは、嬉しいポイントの一つですね。ターボ機能というものがあり、通信速度を高速・低速と、任意に切替が出来ます。データ容量を無駄使いしたくない人にはかなり重宝する、便利な機能です。

UQモバイルの評価

UQモバイルには多くのメリットが見られます。その1つとしては、通信速度の早さが最大の魅力と言えます。ネットの口コミにおいても評価の高いレビューが多く寄せられており、料金プランの数の少なさや、料金が高めであるなどの欠点を差し置いても、それを考慮しても、とても優れた格安SIMであると言えます。UQモバイルは、格安スマートフォン・格安SIMを選ぶ際には必ず検討しておきたい候補でしょう。

最高に快適な高速通信のスピード

UQモバイルの最大のセールスポイントは、MVNOの中では抜群の高速通信ということです。もちろん私がメインで利用しているスマホのSIMは、UQモバイルです。時間帯を問わず安定した通信速度を維持することができるため 、全般的にUQモバイルを使用しています。安定した高速通信を探している方へ、優れたMVNOについてなぜなら通信速度が早いので、ストレスがたまらず快適だからです。他業者が提供しているサービスに比べて料金が少々かさむのは事実ですが、繋がりやすいメリットを考えると払う価値は十分にあります。

回線速度

様々なMVNOの中でも、UQモバイルは、実効速度が速く安定していることで評判が良いです。格安SIMアワード2015で示されたように、通信速度部門の最優秀賞はUQモバイルでした。何よりも通信速度が最優先だという方には、 UQモバイルは外せない選択肢であるといえます。今後もMVNOや格安スマートフォンのサービスから目が離せませんね。

UQモバイルの通信制限に関して

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、データ通信速度を遅くされてしまいます。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。各料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、すべてのプラン共通で、3日で1GBが規定値に設定されています。

【開催中のキャンペーンをチェック!】