UQmobileの速度や料金・解約について、まとめました。

標準

UQモバイル月額プランと解約

UQモバイルの月々の支払い方法や、通信速度について見ていきましょう。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?通信代がどれくらい安くなるのか、ぜひ読んでみてください。どれだけ安いのか、料金プランを見ていきましょう。

UQモバイルの料金プランと初期費用

UQモバイルの月額費用は、データSIMと音声通話SIMでそれぞれの料金設定が異なります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、それまでと同じ、携帯電話としての使い方をするのなら、 音声通話SIMを選ばなければいけません。音声SIMの料金プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円となっています。

UQモバイルの2年縛りは?

UQモバイルの解約違約金に関して、解説していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。嬉しいことに、解約時に解約手数料も必要ありません。しかし、通話SIMの場合は、12ヶ月間が最低利用期間となっています。仮に、1年以内に契約を解除するのであれば、契約を違反してしまいますと9500円の費用が発生しますのでご注意お願いします。キャリアと異なり、縛り期間が自動更新されず、13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

UQモバイルの特色

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中でUQモバイルがあります。NTTドコモ、ソフトバンク、auなどのキャリアからの乗り換えであれば、毎月のスマホ使用料を節約できるサービスです。毎月1,680円の使用料で利用できる格安SIMが注目を浴びています。AU回線を利用しているUQモバイルは、通話可能エリアや品質がAUと同じだという安心感もあります。また、UQモバイルの格安スマホは、テザリングが無料というのも魅力の一つですね。まだ、格安SIMに馴染みの無い方もいると思いますので、UQモバイルのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

AU回線網のお得なスマホ!

WimaxでおなじみのUQコミュニケーションズが運営しているUQモバイルは、AUの回線を借りてサービスを提供しています。そのため、AUとう同様の高品質な通話品質となっています。大手キャリアに見劣りすることなく、広範囲で安心して使えます。AUのスマホを使っている方であれば、大体の機種は変更せずに利用できます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。AUのスマホを利用中の方であれば、UQモバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。また高い本体代を支払って、スマホを購入しなくても良いというのは嬉しいですね。AUの信頼感や広範囲の通話環境などを考えて安心して、格安契約できるということでお得な情報ですよね。

VoLTE(ボルテ)プランあり

UQモバイルではVoLTE対応プランが導入されていることで有名です。VoLTEというのは、最新の通話方法の名称です。通話方式の名称としては新しいものです。従来の方式で拾うことができた周波数は300Hz~3.4kHzまででした。このVoLTEは、50Hz~7kHzの音質を届けることが出来るようになっています。従来と比較して、高音質で通話出来るようになったという事です。これはUQモバイルの大きな魅力の一つでもあります。

データ量くりこしも可能

UQモバイルのいいところは、データ通信量が翌月にも繰り越せるようになっているため、データ通信量が月によって大きく増減があり一定しない方でも 、安心して使用できるというのは、嬉しいポイントの一つですね。ターボ機能というものがあり、通信速度を高速・低速と、任意に切替が出来ます。データ容量を無駄使いしたくない人にはかなり重宝する、便利な機能です。

UQモバイルの評価

UQモバイルには多くのメリットが見られます。その1つとしては、通信速度の早さが最大の魅力と言えます。ネットの口コミにおいても評価の高いレビューが多く寄せられており、料金プランの数の少なさや、料金が高めであるなどの欠点を差し置いても、それを考慮しても、とても優れた格安SIMであると言えます。UQモバイルは、格安スマートフォン・格安SIMを選ぶ際には必ず検討しておきたい候補でしょう。

最高に快適な高速通信のスピード

UQモバイルの最大のセールスポイントは、MVNOの中では抜群の高速通信ということです。もちろん私がメインで利用しているスマホのSIMは、UQモバイルです。時間帯を問わず安定した通信速度を維持することができるため 、全般的にUQモバイルを使用しています。安定した高速通信を探している方へ、優れたMVNOについてなぜなら通信速度が早いので、ストレスがたまらず快適だからです。他業者が提供しているサービスに比べて料金が少々かさむのは事実ですが、繋がりやすいメリットを考えると払う価値は十分にあります。

回線速度

様々なMVNOの中でも、UQモバイルは、実効速度が速く安定していることで評判が良いです。格安SIMアワード2015で示されたように、通信速度部門の最優秀賞はUQモバイルでした。何よりも通信速度が最優先だという方には、 UQモバイルは外せない選択肢であるといえます。今後もMVNOや格安スマートフォンのサービスから目が離せませんね。

UQモバイルの通信制限に関して

どこのMVNOを利用しても一緒ですが、どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、多くのデータ通信を利用したユーザーには、速度制限をしています。直前の72時間の通信データについて容量を通算した結果、予め決めれた容量を超えてしまったユーザーにたいして、データ通信速度を遅くされてしまいます。直近3日制限は、データ通信の使用量が規定の容量を下回れば、自動的に制限が解除されます。普通に使用している分には、そうそう掛からない制限かと思います。各料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、すべてのプラン共通で、3日で1GBが規定値に設定されています。

【開催中のキャンペーンをチェック!】

Umobileの速度や料金・解約について、まとめました。

標準

Umobileのチェックポイント

格安SIMと格安スマホで高い評価を得ているMVNOの一つ、Umobileは、「U-NEXT」という動画配信サイトを運営している会社であるU-NEXTという会社が運営をしています。運営会社である株式会社U-NEXTは、2010年に独立してからわずか5年で東証一部に上場、起業の信頼性、安心感の観点からは、一気に注目を集め、人気MVNOの上位ランキングに位置するようになっています。人気の理由は他にもあり、MVNOには珍しくLTE回線を利用した高速通信を、使い放題に出来るプランがあります。このLTE使い放題プランを利用したいのであれば、Umobileしか選択肢はないのでこちらをおすすめ致します。早速、Umobileのキャンペーン情報・速度情報などをまとめました。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoの基地局を使った格安スマホ

Umobileが使用しているのはNTT docomoの回線なので、スマホを利用する以上は、通話の品質などは重要ですが、もちろんそれはドコモと殆ど変わりませんし、様々な場所でも安定した通信が行える、信頼性の高いサービスです。Umobileで使うことの出来るスマホは、docomoから提供されている機種であればほぼ使用することが可能です。Umobileがセットで購入をお勧めしているSIMフリーのスマートフォンを買って使うことも無論可能です。既に「docomoのスマホ使ってるよ!」という方は、SIMカードのみの契約が可能!お手持ちのスマホをお使いになることができますので、何万もするスマホ本体の代金に悩む必要が無いっていうところが嬉しいですね。Umobileはdocomoと同じようなサービスを受けながら月々の支払いが安くなるという嬉しいサービスです。

LTE使い放題!

Umobileには、他者との差別化を図るために、LTE無制限というプランがあり、このサービスは他では簡単に真似が出来ないので、一段とUmobileを引き立たせる要因となっています。LTEの高速回線を容量制限なく使いたい方にとって、ネットを容量無制限で使用できることは、とても魅力的なプランと感じることでしょう。そして驚きなのはその料金。なんと毎月3000円で無制限プランが契約できます。大手3社と比べるととても安い料金設定になっているのはいうまでもありません。一月当たりの通信量が多い利用者には、非常にお得な料金設定になっていると言えます。ネットサーフィンやストリーミング再生などをたくさんする人の場合は、絶対に見逃すことのできないMVNOです。LTE使い放題プランの詳細は、Umobile公式サイトをご覧ください。

不通期間なしのMNPに対応している

2015年11月からUmobileは即日MNPに対応することで、よりスムーズに転入手続きを行えるようになりました。その仕組みとしてMNP届け出方式を採用しており、ご自宅にいながらにして、インターネット上での操作で、即時変更が可能となり、通話の出来ない期間がなくMNPが終了します。今までこの不通期間が嫌で即日MNPをしようと思っても店頭へ出向く必要があったことと、受け付けてくれる店舗も少なかったのですが、UmobileのMNP届け出方式なら、時間を気にせず自宅や出張先でさえも即日MNPが可能となっています。MNP時に回線が不通になることが原因で、乗り換えには気が進まなかった人でも、積極的にMNP切り替えをすることが可能です。手続きの方法は非常に簡単で、SIMカードが手元に届いたらUmobileマイページにアクセスして回線切替ボタンを押すだけです。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。

Umobile評価

Umobileならではの魅力といえば、LTEを無制限に使えるプランにあるといえるでしょう。信頼性の高いdocomoのLTE回線を使用して、制限無く高速通信が使えるサービスは、他社ではあまり見る事はありません。現在契約しているものからLTE使い放題プランに変えることで、月々の携帯代を大幅に削減出来るかもしれません。

通話SIMなら、毎月もらえるU-NEXTポイント

契約件数の多い動画配信サービスU-NEXTで使える、U-NEXTポイントが毎月加算される嬉しいメリットがあります。貰えるポイントはLTE使い放題2プランでは毎月400ポイントで、それ以外のプランでは毎月600ポイントです。多くの場合、「U-NEXT」で視聴するには1作品300円程度かかりますので、月2本程度が無料で視聴できることになります。「U-NEXT」動画コンテンツのラインナップは映画やアニメは言うに及ばず国内、海外ドラマ、バラエティから成人向けまで非常に幅広いカテゴリーから豊富なコンテンツを選び放題です。月額利用料が3000円を下回る価格なのに、月々400~600ポイントが付与されるサービスは、特典としてもかなり豪華だと思います。

Umobile料金プランと解約

キャリア選びには料金プランや回線速度が重要となりますが、Umobileではどのようになっているのか説明します。これまで利用されていたスマホの月の請求代金と比べて、通信料金のコストカットがどれだけ可能か、ぜひ比べてみてください。ということで、料金プランの詳細を見てみましょう。

月額プラン・初期費用

Umobileの料金プランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。音声機能付きSIMを選択しないと070/080/090番号が使えないので、普通の携帯電話としても使いたいときには、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。通話SIMの料金は、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円です。

データ通信専用SIMの月額費用は、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円となっています。

月額料金がLTE使い放題プランよりも、250円お得になるサービスになります。

Umobileの2年縛りは?

Umobileの最低利用期間と違約金に関して、まとめましたので、ご紹介します。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。いつ解約しても、解約手数料は掛からないのが嬉しいですね。一方、音声通話SIMについては、6ヶ月という、最低限利用すべき期間が定められています。もしも最低利用期間の6か月以内に解約してしまうと、6,000円の解約手数料が必要になります。他の大手キャリアには無い嬉しいサービスとして、縛り期間が自動更新されないので、決められた期間内さえ過ぎれば、お好きなタイミングで違約金を払わず解約できるのは有難いです。

LTE使い放題2の最低利用期間について

Umobileの規約により、LTE使い放題2プランに関しては、解約の際に、他の契約とは異なる制限が設定されています。契約してから6か月以内にその契約を解除するのであれば、違約金として9,500円発生致します。ご利用開始月から7ヶ月~12ヶ月以内の解約には、3,500円が必要です。さらに契約日から11ヶ月以内に別のプランに変更したい場合にも、3,500円の手数料が発生します。他のプランとは違い、特別に最低利用期間・解約料が設定されている事は理解しておいてください。しかし、違約金などの点で利用しにくいように見えますが、その分、月額料金が毎月250円割引になるサービスプランですので、利用期間が1年以上になる方であれば、LTE使い放題2はお得なプランなのです。

Umobile速度

Uモバイルは、MVNOの中でも人気の一つで、大手キャリアドコモの225MbpsLTE回線を使っています。対応エリアの広さや回線の信頼性には安心のサービスです。

Umobileの帯域制限

キャリアにしろ、MVNOにしろ、契約者が同じ条件で利用できるよう、一定のデータ量を超えて使用している者に対しては速度制限を行っています。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、通常より遅い通信速度での使用ならば可能な速度制限が適用されます。3日あたりの通信容量がパックプランの容量未満になれば、通信速度制限は自動的に解除されます。動画を大量に観るなどしなければ、あまりひっかかることはないですね。直近72時間で、どの程度通信すると、速度制限の対象となるかの明記はありませんでした。

【Umobileのキャンペーン情報】

mineoの速度や料金・解約について、まとめました。

標準

mineo格安スマホの特色

「mineo(マイネオ)」とは(株)ケイ・オプティコムが提供する格安スマホ、SIMサービスのMVNOです。大手各社から乗り換えた場合には、スマホ利用に伴う毎月の料金を大幅に節約することが可能になります。毎月の利用料金は1,310円でお安く利用できる格安SIMのmineoが話題となっています。国内で初めてのマルチキャリア格安スマホサービスで、docomo回線のプランとau回線のプランの好きな方を利用する事が出来ます。音声品質や対応エリアも同レベルのため、安心して使うことが出来ますね。さてさて、mineoのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoとAU回線の格安スマホ

マルチキャリアのmineoは、docomo回線とAU回線を利用した格安スマホサービスです。キャリア同等の音声品質で通話料もできますし、対応しているエリアも同様です。今持っているdocomoやauの端末をそのまま使用できるので、場合によっては乗り換え時に買い換える必要がないでしょう。新たに高いスマートフォンを購入する必要が無いことは、節約にもつながり驚きですね。当たり前の事ですが、mineo内で用意している格安スマホも購入してサービスを利用出来ます。docomoやauといった大手キャリアの回線がお好みで選べて、回線の選択を自分の状況に合わせて、docomoかAUで選んでプランを組む事ができます。料金に多少差異がありますし、端末を購入する際は回線によって選べる端末も違いますから、その点を考慮してどちらにするか検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTE対応!

VoLTE対応プランを導入したことでmineoが話題になっています。VoLTEとはVoice over LTEの略でこれまでの通話方式に比べて非常にクリアな音質の通話ができる、新規に開発された音声通話サービスです。VoLTEが登場する前の通話方式では、拾える音の周波数は、300Hzから3.4kHzの範囲でした。新通話方式の「VoLTE」では、50Hz~7kHzまでの音域に対応できるようになりました。従来の音声電話よりも、高音質な通話が可能になりました。これがmineoの魅力でもある、VoLTEというものです。

容量繰越しにも対応

なお、mineoについては、データ通信量が翌月にも繰り越せるようになっているため、毎月使うデータの量がバラバラの方にとっても、不安にならず使用できるのも嬉しいですね。

mineoスイッチアプリを駆使して、データ量を節約

mineoスイッチという新しい機能が搭載されており、通信速度を高速・低速の2種類に変更することができます。ムダなデータ容量の消費を抑えることが出来るので、便利ですね。mineoスイッチを使って公衆無線LANを併用することで、さらに安いプランで利用することもできます。携帯料金を安くお得に利用するのに、とても役立つと思います。

mineoの回線スピード

mineoの通信速度について回線プランを基に、解説していきます。まず、Dプランの通信スピードですが、LTE回線なので225Mbps、AU回線でも、225MbpsのLTE回線となっています。口コミやレビューなどで、通信回線が混んでるときは速度が低下するとよく書かれてますが、キャリア契約をされている方が優先されてしまいますので、通信速度は落ちてしまいます。回線が混雑する時間帯でも、通信スピードを求めるならば、この点からもキャリア契約をお勧めいたします。しかし、mineoの方がキャリア契約よりも料金が低価格なので、格安スマホは利用者を満足させるのに十分なサービスを提供していると思います。

mineo AU回線プランでの通信制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、通信速度の制限をしています。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。mineoの場合、各プランごとの規定値は規定されていないようで、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で1GBが規定値に設定されているようです。

マイネオ docomo回線プラン通信制御0

mineoのdocomo回線プラン通称Dプランならば、直近の3日間に使用したデータ通信量による、通信速度の制限は設けられていません。動画やゲームをしたりしなかったりで、日々のデータ通信量が一定でなく大幅に変動する方は、AU回線を用いたAプランよりも、docoも回線を用いたDプランの方が、通信制限の可能性を心配せずに使用できます。この点を考慮して、ご自身のライフスタイルにあったプランを選択してみて下さい。

mineo料金と解約

mineoの料金プランや通信速度についてご紹介します。今現在利用しているスマートフォンの利用料と比べながら、いくら携帯代が安く出来るか、是非参考にご覧ください。ということで、料金プランの詳細を見てみましょう。

料金プランと初期費用

mineoの料金プランは、データ通信のみが出来るSIMとデータ通信も通話も出来るSIMの2種類分かれておりそれぞれ料金が異なります。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、これまで通りの携帯電話と同じように使いたい場合は、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約縛り

mineoの解約手数料に関して、まとめましたので、ご紹介します。mineoは今時珍しい最低利用期間の縛りが契約にないMVNOなので、解約するときの違約金は請求されません。違約金のことを考えずに、気楽に格安スマホを試せるという点で、mineoのセールスポイントの一つです。解約金などの負担は、ありませんが、1年以内のMNP転出された際のみ12,420円の転出手数料を負担いただくことになります。音声通話機能付きSIMを契約される場合は、この点にお気をつけください。

【期間限定のキャンペーン】

DMMモバイルの速度や料金・解約について、まとめました。

標準

DMMモバイルの速度

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてDMMモバイルは、225Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。つながる範囲や回線スピードには、docomoの回線ならではの信頼感があります。さらに、通信が安定していて実効速度が速いため、ネットで公開されている感想などを読んでみても、中々の高評価を得ているという印象です。通信速度が速くて安定感のあるMVNOを利用したいのなら、DMMモバイルを利用するのがいちばんいいと思います。

DMMモバイルでの3日間制限

DMMモバイルは、低速通信時に限り、直近3日間の通信量に応じて、速度制限が掛かる場合があります。通信速度に上限が設定されるのは低速通信の時だけで、高速通信の場合は対象外になります。多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。直近3日間のデータ通信の利用容量によってなされるもので、定められた容量をオーバーしたユーザーに向かって、200Kbpsという低速通信が実施される事です。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。普通に使っている容量であれば、そんなに制限がかからないと思います。

DMMモバイル評価まとめ

DMMモバイルが多くの人々に支持される理由は、月額料金が低価格であることと通信速度が早いという事が大きな魅力と言えます。安さも必要十分な早さも安定性も、一挙に手に入れたいという要望はもはや欲張りなものではなく、すごく適していると言えるでしょう。クチコミがそれを証明していて、多くの方が高く評価しているのが、これら二つにあるようです。

通信速度が安定しているのが人気の秘訣

DMMモバイルの評判でよく耳にするのが、高速通信が安定していること、そして、実効速度が速いことです。DMMモバイルは月額料金が安い上に速度も速いということで、DMMモバイルはここ最近、多くの人気を集めています。また、DMMポイントと呼ばれるポイントが還元されるシステムもあるため、支払いも押さえられて回線速度も早いとなると、他にはまねのできない格安設定だと言えるでしょう。安定した高速通信とランニングコストの低さから非常にコストパフォーマンスが高いMVNOとなっています。

DMMmobile料金と解約

DMMモバイルの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。毎月ごとの料金を比較していき、通信費がどれだけ安く抑えられるか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。さて、DMMモバイルの料金プランを見てみましょう。

DMMモバイルの月額プランと初期費用

DMMモバイルのプランは、格安SIMカードには、データ通信専用のSIMと音声通話付きのSIMの二つに分かれており、それぞれ料金も違います。070・080・090という番号が音声用のSIMで利用できる番号で、従来のキャリア端末と同様にご使用されたい場合は、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。通話SIMの料金は、ライトプラン:1,140円、1GBプラン:1,260円、2GBプラン:1,470円、3GBプラン:1,500円、5GBプラン:1,970円、7GBプラン:2,560円、8GBプラン:2,840円、10GBプラン:2,950円、15GBプラン:5,270円、20GBプラン:6,790円となっています。

データSIMの月額費用は、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

DMMモバイルの解約制限

DMMモバイルの違約金、これは頭に入れておいてくださいね。DMMモバイルのデータSIMについては、必ず利用しなければいけない期間は決められていません。お勧めするものではりませんが、例えば最初の一ヶ月のみ使ってすぐ解約しても、手数料に類するものは一切取られないわけです。一方で、最低でも12ヶ月間使わなければならないのが、音声通話SIMです。仮に、12ヶ月以内に契約を解除するのであれば、違約金『9,000円』の請求を受けることになります。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、最初の13ヶ月さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

DMMモバイルスマホの特徴

MVNOの一つとして知られているDMMモバイルは、動画配信サイトとして認知度の高い「DMM.com」が運営している格安のスマホサービスです。業界最安値がDMMモバイルの最大の特徴。月々の使用料を抑えたいと思う方には、MVNOの中で一番おすすめです。肝心の通信回線についても安かろう悪かろうではなく、速度と安定性で定評のある「IIJmio」の通信設備を使っていますので、インターネットの快適性にも定評があります。それでは、早速!DMMモバイルの評判から速度まで、まとめてみました。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomo回線を利用した激安なスマホ

DMM.comの格安スマホサービス「DMMモバイル」は国内最大手のdocomoの通信回線網を利用してそのサービスを提供しています。ですので、通話のクオリティはdocomoと同じですし、docomo回線というサービス範囲が広範囲となっており、県外になることもほとんどなく不自由なく安心して使用可能です。docomoのスマホであれば多くの機種でそのまま利用可能です。DMMモバイルではSIMフリー端末とSIMをセットで購入することも可能です。docomoのスマートフォンをすでにお持ちの方であれば、DMMモバイルのSIMカードを契約をするだけでそのまま使用できますので、高価な端末購入代金を支払う必要がないのは嬉しいことですね。DMMmobileはdocomoと同じようなサービスが受けられるのに安いので、とても魅力的なサービスです。

iPhoneが分割できる!

DMMモバイルの最大の特筆すべき点は、iPhoneの分割購入が可能なことです。その他のMVNOでは、ほとんど外国製の格安な機種のみが取り扱われており、国産の高級機種XperiaやiPhoneは、扱っていないのが現状です。ところが、DMMモバイルでは、最新のiPhoneシリーズまでも取り揃えており、iPhoneが分割購入できるMVNOで選ぶのであれば、DMMモバイルを利用するしかありません。スマホを格安で使いたいけれど、iPhoneも使いたいという方にとって、DMMモバイルをチェックすると良いでしょう。iphoneが分割で購入できる点でDMMモバイルでも売り切れになることもありますので、在庫ありを確認したら、すぐに申し込むほうがいいでしょう。

高速通信量の翌月繰越し対応してます。

プランごとにデータの通信料は異なりますが、決められた容量を使い切らないうちに、月が替わってしまうことがありますね。DMMモバイルならば、使用せずに残ったデータ容量を翌月に加算してお使いいただけるようにしました。案外、このサービスを行っていないMVNOも少なくなく、次月への持越しができるという点は、DMMモバイルならではの魅力といえるでしょう。せっかく格安スマホを使うなら料金の節約に加えて、通信容量も無駄なく使いたいものですね。

自宅で即日MNPが可能

DMMモバイルを使用するメリットは様々ありますが、今お使いの携帯番号を乗り換え後直ぐに使用できる即日MNPも大変便利です。MNP届け出方式を採用することでSIMカードが届いてからMNP転入をすることが可能となり、ネット上でかんたんな手続きをすることにより、SIMカードが使えない期間なしに、転入が可能になりました。いままで、即日MNPをしたい場合には、店頭に出向く必要がありましたが、インターネットで即日MNPの手続きができるので、店頭まで行く必要がありません。携帯電話を利用できない期間が生じてしまうのが気になって、なかなか乗り換えに踏み切ることができなかった方には朗報ですよね。DMMmobileでの即日MNPの手続き方法は、SIMカードが届いた後にDMMmobileの会員専用HPで、回線切り替えボタンを押すだけなのでとても簡単です。これによりMVNO転入時のMNP空白期間が解消され、格安スマホをより一層普及させることになりそうです。

ずっと10%還元、DMMポイントを毎月還元

DMMモバイルの新規申し込みをすると契約期間中ずっと、毎月利用した金額の10%がポイントとして還元される、支払いを押さえたい方にはお得なキャンペーンが開催されています。月額基本料の他に通話料やオプション料金がポイント対象になるので、ポイントが貯まりやすい仕組みになっており、非常にお得です。ただでさえ、月額料金が業界最安値レベルなので、合計金額の10%もポイントがつくので、料金面でいうと、最もコスパに優れたMVNOと言えそうです。スマホ代節約の一手として、非常に有用なサービスと言えます。

人気のバースト機能│低速時もより快適な通信

バースト機能という、非常に優れた機能がDMMモバイルにはあります。バースト機能とはいったい何かをご説明いたします。DMMモバイルのバースト機能とはネットにアクセスした最初の数秒間のみを高速通信で行うことで、WEBサイト表示などの体感速度を上げてくれる便利なものです。低速通信だと表示速度が遅いことがありますが、このバースト機能によって、読み込み時に遅れを感じてイライラさせられることが少なくなり、ストレスなくインターネットを楽しめるという、DMMモバイルでも評判の良い機能です。しかし、この注目の機能を採用しているのはDMMモバイルとIIJmioのみなのです。

【お得なキャンペーン】