mineoの速度や料金・解約について、まとめました。

標準

mineo格安スマホの特色

「mineo(マイネオ)」とは(株)ケイ・オプティコムが提供する格安スマホ、SIMサービスのMVNOです。大手各社から乗り換えた場合には、スマホ利用に伴う毎月の料金を大幅に節約することが可能になります。毎月の利用料金は1,310円でお安く利用できる格安SIMのmineoが話題となっています。国内で初めてのマルチキャリア格安スマホサービスで、docomo回線のプランとau回線のプランの好きな方を利用する事が出来ます。音声品質や対応エリアも同レベルのため、安心して使うことが出来ますね。さてさて、mineoのキャンペーンから料金プランまで網羅しましたので、ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoとAU回線の格安スマホ

マルチキャリアのmineoは、docomo回線とAU回線を利用した格安スマホサービスです。キャリア同等の音声品質で通話料もできますし、対応しているエリアも同様です。今持っているdocomoやauの端末をそのまま使用できるので、場合によっては乗り換え時に買い換える必要がないでしょう。新たに高いスマートフォンを購入する必要が無いことは、節約にもつながり驚きですね。当たり前の事ですが、mineo内で用意している格安スマホも購入してサービスを利用出来ます。docomoやauといった大手キャリアの回線がお好みで選べて、回線の選択を自分の状況に合わせて、docomoかAUで選んでプランを組む事ができます。料金に多少差異がありますし、端末を購入する際は回線によって選べる端末も違いますから、その点を考慮してどちらにするか検討してみてはいかがでしょうか。

VoLTE対応!

VoLTE対応プランを導入したことでmineoが話題になっています。VoLTEとはVoice over LTEの略でこれまでの通話方式に比べて非常にクリアな音質の通話ができる、新規に開発された音声通話サービスです。VoLTEが登場する前の通話方式では、拾える音の周波数は、300Hzから3.4kHzの範囲でした。新通話方式の「VoLTE」では、50Hz~7kHzまでの音域に対応できるようになりました。従来の音声電話よりも、高音質な通話が可能になりました。これがmineoの魅力でもある、VoLTEというものです。

容量繰越しにも対応

なお、mineoについては、データ通信量が翌月にも繰り越せるようになっているため、毎月使うデータの量がバラバラの方にとっても、不安にならず使用できるのも嬉しいですね。

mineoスイッチアプリを駆使して、データ量を節約

mineoスイッチという新しい機能が搭載されており、通信速度を高速・低速の2種類に変更することができます。ムダなデータ容量の消費を抑えることが出来るので、便利ですね。mineoスイッチを使って公衆無線LANを併用することで、さらに安いプランで利用することもできます。携帯料金を安くお得に利用するのに、とても役立つと思います。

mineoの回線スピード

mineoの通信速度について回線プランを基に、解説していきます。まず、Dプランの通信スピードですが、LTE回線なので225Mbps、AU回線でも、225MbpsのLTE回線となっています。口コミやレビューなどで、通信回線が混んでるときは速度が低下するとよく書かれてますが、キャリア契約をされている方が優先されてしまいますので、通信速度は落ちてしまいます。回線が混雑する時間帯でも、通信スピードを求めるならば、この点からもキャリア契約をお勧めいたします。しかし、mineoの方がキャリア契約よりも料金が低価格なので、格安スマホは利用者を満足させるのに十分なサービスを提供していると思います。

mineo AU回線プランでの通信制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。利用日の直前3日間のデータ通信の使用量を合計し、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、通信速度の制限をしています。この速度制限は、直近の3日間のデータ使用量が決まった値を下回った場合、自動的に解除されます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。mineoの場合、各プランごとの規定値は規定されていないようで、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で1GBが規定値に設定されているようです。

マイネオ docomo回線プラン通信制御0

mineoのdocomo回線プラン通称Dプランならば、直近の3日間に使用したデータ通信量による、通信速度の制限は設けられていません。動画やゲームをしたりしなかったりで、日々のデータ通信量が一定でなく大幅に変動する方は、AU回線を用いたAプランよりも、docoも回線を用いたDプランの方が、通信制限の可能性を心配せずに使用できます。この点を考慮して、ご自身のライフスタイルにあったプランを選択してみて下さい。

mineo料金と解約

mineoの料金プランや通信速度についてご紹介します。今現在利用しているスマートフォンの利用料と比べながら、いくら携帯代が安く出来るか、是非参考にご覧ください。ということで、料金プランの詳細を見てみましょう。

料金プランと初期費用

mineoの料金プランは、データ通信のみが出来るSIMとデータ通信も通話も出来るSIMの2種類分かれておりそれぞれ料金が異なります。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、これまで通りの携帯電話と同じように使いたい場合は、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの解約縛り

mineoの解約手数料に関して、まとめましたので、ご紹介します。mineoは今時珍しい最低利用期間の縛りが契約にないMVNOなので、解約するときの違約金は請求されません。違約金のことを考えずに、気楽に格安スマホを試せるという点で、mineoのセールスポイントの一つです。解約金などの負担は、ありませんが、1年以内のMNP転出された際のみ12,420円の転出手数料を負担いただくことになります。音声通話機能付きSIMを契約される場合は、この点にお気をつけください。

【期間限定のキャンペーン】